新型 MacBook Pro 13インチ(2020年モデル)のレビュー

2020-06-05

はじめに

会社で使用しているPCを買い換える機会をもらい、新型MacBook Pro 13インチ(2020年モデル)になり、2週間ほど使用したので、実際に使ってみた感想をレビューする。

3行で

  • 新しいキーボード(Magick Keyboard)は静かでいい感じ
  • Touch ID、めっちゃ便利
  • スペック上げると快適、Figmaを開きながら作業しても問題なくなった

買い換えるまでの経緯

  • 今年になってからアプリ開発をしているのだが、Dockerでサーバを動かしながら、Chromeでリファレンスを表示しながら、Figmaでデザインを確認しながら、ビルドをしてシミュレータを動かしながら、ビデオ通話をしながら開発をしていると、さすがにずっとファンが回って文字入力ができないぐらいの遅延が発生していて、スペック的にアップデートしたかった

    • Figmaは極力閉じつつ、ビデオ通話などはiPhoneに逃したりしながらなんとかやっていた
  • 前回PCをアップデートしてもらってから時期も経っていて、上記課題感もあるので、3月あたりから新しいPCの購入を打診してもらっていたが、5月に新しいMacBook Proが発表される可能性があったので、買い替えを待ってもらっていた
  • 待ってもらっている間にキーボードが破損し、それが悲しいことにコマンドキーで、他のキーとサイズも違うので、交換して使うこともできず、コロナで App Store もやっておらず、キーの在庫状況が掴めないので、当日修理ができない状況が続いていた
  • そんな中、2020年5月4日に13インチの新型MacBook Proが発表されたので、新型の方で買い替えてもらえることになった
  • 最近のApple製品は大体サイクル通りに製品を発表する傾向にあるので、買い替えを検討している製品があれば、過去の発表時期を確認しておいた方が良さそうという学びを改めて得た

開封の儀

外箱 外箱開封 立ち上げ

2017年モデルとの比較

2017年モデルとの比較(全体図)

  • 全体図はこんな感じ、キーボード以外はそこまで見た目に変わりはない

2017年モデルとの比較(キーボード左)

  • キーボードはMagic Keyboardに変わり、厚さが変わったのが分かる
  • ほこりが入りづらくなっているように見える
  • 全てのモデルでTouch BarとTouch IDが採用された
  • Escキーは物理キーになっている

2017年モデルとの比較(キーボード右)

  • 矢印キーが昔のタイプに戻っている

2017年モデルとの比較(サイド)

  • 横から見た図
  • キーボードが厚くなったからか、少し厚みが増しているのが分かる

スペック

スペック

  • 今回、スペック面もボトルネックだったので、CPUやメモリの使用状況などをレポートして、それらを鑑みてスペックアップも行ってもらった
  • 個人的には メモリ > プロセッサ > ストレージ の優先度だと思っているが、どこかのボトルネックが解消されたら別の箇所がボトルネックになったりするので、お財布と相談して、積めるところは積んでおくのが良さそう

感想

  • Magic Keyboard

    • コマンドキーを何の躊躇もなく打てる幸せを感じた
    • 以前のバタフライキーボードは打ちやすくて好きだったのだが、周りでもキーが取れたりするケースが多く、評判が悪かったので、Magic Keyboardになって改善されていて欲しい、こればかりは年単位で使ってみないと分からない
    • ほこりは入りづらい構造になった気がする
    • 厚みが増したので、打鍵感は結構違う、個人的には打ちやすいが、人によって好みは分かれそう
    • 慣れるまでしばらくかかりそう、厚みに慣れるまでは引っかかりやすい
    • 打鍵音は静かになった気がする、ペチペチは言わなくなった
    • テカりが目立ちづらくなった気がする
    • キーボードに関しては概ね満足
  • Touch ID

    • めっちゃ便利
    • ロック解除のためにパスワードを打たなくて良くなるので、効率的
    • 今までパスワードを打っていたあの時間は何だったんだとなる
  • Touch Bar

    • 正直なところ、まだ使いこなせていない
    • 音量を調節したりするのに、ボタンじゃないのは不便に感じる一方、カスタマイズできたりと拡張性があって面白い
    • 画面以外の領域の表示が切り替わるのがチラついて、少し作業のしづらさを感じるが、慣れの問題かもしれない
    • 今までCommand + Shift + 電源でスリープしていて、それができなくなったので、Touch Barのカスタマイズ領域にスリープボタンを置いているのだが、数字を打つ際に誤爆しがちなので、良い方法があれば教えて欲しい
  • Escキー

    • 物理で良かった、違和感なく押せる
  • スペック

    • 3年間のスペックの進化に合わせて、スペックアップも行ってもらったので、だいぶ快適になった
    • Figmaは開きっぱなしで全然問題なくなった
    • ビデオ通話しながらでも遅延なく作業ができるようになった
    • スペックは正義

ということで、新型 MacBook Pro 13インチ(2020年モデル)のレビューは以上。

合わせて読みたい

ターゲットディスクモードで移行した際のハマりポイントを書いたので、良ければぜひ。

Macをターゲットディスクモードで移行した

キクナントカ

ソフトウェアエンジニアをしています。趣味でボードゲームを制作したり、個人開発でNakamyというサービスを開発しています。詳しくはこちら